日常生活、日々考える事、アニメ、漫画、ゲーム、スポーツ、なんでもかんでも管理人の思うがままに綴る自由な小部屋です。 日々殴り描いた落書きとアニメの感想を中心にやっていこうか・・・。あとゲーム。

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kennji


↑父親を健気に待ち続けるケンジくん。アニメとは異なり、マフラーを着ています。天国の父親からのプレゼントということで、勝手にアレンジさせてもらいました。なんか、ケンジくんの笑顔が脳裏に焼きついて離れない今日この頃・・・。

ゴーストハント 13話「サイレントクリスマス#2」

まず、第一に思ったのが、「可哀想に」の一言でした。
「天国の父親にクリスマスに出会えてよかったね、ケンジくん」ではなく、「可哀想に」ということ。

ケンジくんが教会に預けられたのは、父親の単身赴任以外に、家庭の問題が何かあったのでしょう(推測の域を出ませんが)。だからケンジくんは、ストレスで声が出なくなってしまったのでは?

いつ戻ってくるのかも分からない父親を健気に待ち続け、結局出会うことなく、寒さの中亡くなってしまったケンジくん。
そして、父親に似ているため懐いていたリンにも冷たくされるケンジくん。

「こんな茶番につきあってられません!」「触らないで下さい!」
リンさん、あんた最低だよ。実は心は温かい人だと信じていたのに。

「大人気ない」と年下のナルに言い放たれたリンの心中やいかに・・・。

でも、やはり最後は「父親と出会えてよかったな、ケンジくん」と感動の思いが込み上げてきました!
クリスマスの夜、教会にこだまするのは、ケンジくんとお父さんを天国へと導く聖歌でした。

エンディングはクリスマス仕様で、とても静で清らかなメロディーが流れていました。
感動をありがとう、「ゴーストハント」

今回も綾子の活躍はなし・・・。でもケーキ作ってたし、家庭的な一面も・・・って結局役立たずかぁ・・・。次はガンバレ~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toudou.blog82.fc2.com/tb.php/47-7601b2f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「ゴーストハント」セルDVD FILE1「悪霊がいっぱい!?」(仮)麻衣にとりついてしまったケンジの霊。リンを父親だと思いこむは彼は、片時も離れようとはしません。リンが側にいればケンジは隠れない・・・ナルはリンに麻衣の面倒を見るよう言いつけるのでした・・・。
2007/01/08(月) 02:15:49 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。